20日 12月 2018
阪神梅田9階の古忨堂(こがんどう)さんにて kogan-do『書画骨董カワイイモノ』 ×"イレブンガールズ&薫風男子"コラボ企画 という企画で、扇子の展示販売を行っています。会場の画像を頂きました。他の作家さんの直筆で描いた扇子も並んでいます。色々な骨董も見ることが出来て楽しそうです。...
19日 12月 2018
来年は亥年なので、瓜坊とタンポポの綿毛を扇子に描きました。 阪神百貨店梅田店の9階にある「古忨堂(こがんどう)」にて展示販売中です。私の描いた扇子は2本あります。よろしければお手に取ってご覧ください。 古忨堂(こがんどう)→http://www.kogando.jp/#
17日 12月 2018
ボナール展で一番好きだと感じた「地中海の庭」はポーラ美術館に収蔵されている作品でした。この秋、ススキの取材のためだけに箱根へ行き、ただただ通り過ぎてしまった美術館でしたが次回ポーラ美術館でこの絵を展示する際には足を運びたいなと思いました。
12日 12月 2018
行ってきました。思ってたよりすごく良かったです。ブラック、ルオー、ルソー、モランディ、カンデンスキー、デュフィ、クレー、マネ、ココシュカ!、ここにもボナールあった、コロー、ドミニク・アングル。外国の美術館に来たみたいで見るほど興奮しました。...
30日 11月 2018
行ってきました。ボナールは、ナビ派?というくらいであまり知らない作家さんでした。...
15日 11月 2018
山種美術館で開催されていた「日本画の挑戦者たち」という展覧会を観てきました。ちょうど、小林古径の「安珍清姫」の連作が全て展示されていました。小林古径の故郷は新潟県上越市です。そこにある高田公園に小林古径の東京での住居とアトリエが移築されています。私自身が上越で過ごしていた頃、住居とアトリエには入った事があったのですが、作品をちゃんと観たことはありませんでした。10年越しで会えたなと感慨深い気持ちです。 住居とアトリエのある敷地は綺麗に整備され趣きのある庭になっています。その庭で小学生と追いかけっこをしてしまい通りすがりの地元の方に怒られた事を思い出します。つい走りたくなるような気持ちの良い庭でした。 連作に戻りますと、最後の桜の木の絵の花のプックリと盛り上げられた絵肌が好きだと思いました。墨で描かれた清姫の髪はテカっていました。こういう事に気付けるのが実物の良さだなと思います。 この展覧会では岩橋英遠という作家さんの「暎」という絵が一番好きだと感じました。正直、題名の読みにいまいち自信が持てないです。名前は「えいえん」と読めばいいみたいですが、題名は「あき」なのか「えい」はたまた「は」とか?でもいい絵だなーと思いました。
03日 10月 2018
これは…終わるのだろうか? と思ってしまうと終わらないので、終わらせる!という攻めの気持ちで筆を動かし続けたいと思います。 画像は絵の一部分。 終わりますように!!!
02日 9月 2018
本日で若菜由三香×岩井綾女二人展が終了いたしました。 あっという間に過ぎたように感じましたが、搬出作業が進み白い壁だけになると胸に込み上げてくるものがあり34日間の厚みを感じます。...
02日 9月 2018
今日は最終日です。もう最終日。本日は16時迄です。ぜひお立ち寄りください。
02日 9月 2018
土曜日は会場に着物で在廊しました。着物で在廊ちょっとやってみたかったのです。 と言っても、この暑さにバッチリ着物を着る気持ちにはなれず浴衣を着物風に着付け涼しさ優先です。でも、これを機に個展等で着物を着たり着なかったりしてみたいなぁなんて思ったりしました。

さらに表示する