CHIBAGINN HIMAWARI gallery

Yumika Wakana & Ayame Iwai Exhibition


I'm in a weekend and a CHIBAGINN HIMAWARI gallery.

August 

18th→13:00-17:30

19th→13:00-17:30

24th→10:00-17:30

25th→13:00-16:00

26th→13:00-16:00

September

1th→13:00-17:30

2th→10:30-16:00

続きを読む 0 コメント

若菜×岩井二人展 新聞掲載

今回の展示では雑誌の他、千葉日報、毎日新聞千葉版、東京新聞が展覧会の事を掲載してくださいました!有り難いことで、とても嬉しいです。ありがとうございます。
続きを読む 0 コメント

若菜×岩井二人展 在廊日

私の在廊日は主に週末です。

以下の日時に在廊しています。

8

18日(土)→13:00-17:30

19日(日)→13:00-17:30

24日(金) →10:00-17:30

25日(土) →13:00-16:00

26日(日) →13:00-16:00

9

1日(土) →13:00-17:30

2日(日) →10:30-16:00



I'm in a weekend and a CHIBAGINN HIMAWARI gallery.

August 

18th→13:00-17:30

19th→13:00-17:30

24th→10:00-17:30

25th→13:00-16:00

26th→13:00-16:00

September

1th→13:00-17:30

2th→10:30-16:00

続きを読む 0 コメント

若菜×岩井二人展

ちばぎんひまわりギャラリーにて二人展開催中です。9/2まで。初日、2日目と在廊していましたが、それだけでもたくさんの方にお会いすることができました。千葉銀行の方々ともお会いでき、とても良い時間を過ごすことができました。
次は5日(日曜)の午後に在廊したいと思います。
1か月とたっぷり会期はありますが、きっとあっという間に過ぎてしまうと思うので、有意義な時間にしていきたいと思います。
続きを読む 0 コメント

若菜×岩井二人展 設営

今日は、設営のためちばぎんひまわりギャラリーへ。速やかに設営してくださり、その作業に見入っていました。ギャラリーの設備も、会場全体の明るさを調節できたり室温を作品に合わせて設定していたりスポットライトを取り付ける場所がたくさんあったり天井が高かったり…作品から「ごくらくごくらく…」と声が聞こえて来るよう。嬉しいなあ。
明日から展覧会スタートです。
初日7/31(火)8/1(水)は一日在廊しています。

続きを読む 0 コメント

若菜由三香×岩井綾女二人展もうすぐ

今日は次の展覧会に出品する作品をちばぎんひまわりギャラリーさんが家まで取りに来てくださいました。
しっかり梱包をしてくださってとても丁寧に作品を扱ってくださいました。すごい…圧倒されます。
美術館ばりでした。美術館を知らないですけどきっとそんな感じです。
トラックを見送り、少しひと段落ついたかなという感じです。次は数日後にちばぎんひまわりギャラリーにて作品の設営です。

続きを読む 0 コメント

岩井綾女絵画展ー風のささやきー

初めての船橋での個展、無事に終了いたしました。沢山の方にお会いしかけがえのない時間を過ごす事が出来ました。ありがとうございます。
暑い中、会場にいらしてくださった方々に感謝の気持ちでいっぱいです。
この展示で学んだ事を活かしてまた活動していきたいと思います。
よろしくお願いいたします。
続きを読む

岩井綾女絵画展-風のささやき-

東武船橋での初めての個展中、隣で個展をしている若菜由三香さんと人が居なくなった瞬間に会場をパノラマ撮影。
続きを読む 0 コメント

高畑勲

高畑勲と宮崎駿の作品は子どもの頃から見続けていて、私の成長と共にあったのですが、先日高畑さんが亡くなられました。
高畑さんの作品結構好きで、おもひでぽろぽろ、ホーホケキョ、かぐや姫の物語が好きでちょっと辛いけどぽんぽこあたりも好きです。ストーリー的には辛い気持ちになってくるのですが、狸たちの事を見たいがためにぽんぽこを見ていました。
おもひでぽろぽろは、ここが好きというのが増えていって今では全部好きになったという感じです。
ホーホケキョは何か仕事をしながら観るのにちょうど良いです。アニメーションも素晴らしくて動きもちゃんと見たい時はもちろん画面にはりつきますが、聞いているだけでも声優さんの声が心地よくて、話の内容が気持ちを穏やかに保ってくれます。1つの安定した家族の形がこの作品の好きなところです。
かぐや姫の物語は、天人が降りてくるシーンがすごく好きで、煌びやかさと天人の無表情さと音楽との調和が好きでたまりません。まだ、視聴回数が少なくこれから繰り返し見ることでもっと自分の中で盛り上がっていくと思います。

どの作品もアニメーションがすごいです。 背景も最高。いろんなシーンの一時停止とスロー再生祭りです。自然に動いたように見えるけど今どう動いたの!?ていう。紅花ばたけきれーという。

ジブリという形でなくても、アルプスの少女ハイジと赤毛のアンはVHSでたくさん見ていたのでたまりません。子ども心に憧れたり共感したりして元気をもらっていました。

高畑さんは、海外の優れたアニメーションも紹介していて、レンタルショップのジブリコーナーにもそれが置いてあります。そのどれも良いです。キリクと魔女はキリクの「どうして?」というセリフが物語を進めていきます。色彩も綺麗。
アズールとアスマール、ヴェルディブランデブー、春のめざめ等 本当いいです。

高畑さんのお陰で良い作品に出会えました。
0 コメント

猫その後

無事に手術も終わり、家では食欲旺盛で元気もありなにより。それにしても、よい猫です。最初見た時は正直ゴミのような柄だと思った毛色も、今では味わい深い柄だと心から思います。雄並みの体格とライオンのような顔。優雅な雰囲気をまとっています。もしかして、海外の血統書付きの種とのミックスなんじゃないかと勝手に思って、ミドルネームをつけてみました。サンドラ。
チャーたん=サンドラ=岩井。
お腹は手術のため綺麗に剃られピンクの肌がみえています。
続きを読む 0 コメント

したみ

ひまわりを描くので、5、6月にひまわりが咲いていないか探したら、地元の熊谷にありました。
場所の確認のため下見へ。ひまわり農園は可愛らしい大きさで、おじさんお1人で営んでおられるそう。ひまわりの手入れの話など色々聞かせてくださいました。ヘーベーの話も勉強になりました。ヘーベーとか坪とかよく分からないと言ったら「農園は2500ヘーベーくらい。50メートル×50メートルくらいって考えればいいよ。田んぼ一反(いったん)は1000ヘーベーくらい、つまり50メートル×20メートル。今は一反がもう少し広いけど、だいたいそんな感じに思っとけばいいよ。」と教えてくださいました。忘れないようここに記す。
今年のひまわり開花は6月中頃かなとのこと。今はこんな感じです。
続きを読む 0 コメント

落書き

続きを読む 0 コメント

この猫どうする

オスと間違えたこちらのメス猫ちゃん非常に懐いているのですが、家猫が2匹いてこれ以上は飼えない。猫は好きだけど、赤ちゃんまでは大変なこっちゃ…。でも、厳しい野良世界に生きるこの子が来る限りはご飯はあげ続けられたら…。ということで、避妊手術だけしようという事になりました。キャッチアンドリリース。
昨日とりあえず確保。間もなく慣れてくれてご飯を食べて寝ています。檻から出すと、甘えて来ます。スリスリというよりはゴスッ…ゴスッ…と当たりが強いです。でかいのでパワフル。最高に可愛い。写真だと大きさが伝わりにくい。
続きを読む 0 コメント

猫の顔と性別2

最近立て続けに2匹の野良猫が我が家を窓の外から覗いている出来事がありました。1匹はオス。オスらしい顔で声も低くドラ声、お尻も確認しオスと確定。家猫が食べないフードをあげてから毎日来るようになりました。そして、もう1匹も体長がある大きな体、立派な鼻、低いドラ声、この子もオスだろうなと思っていました。しかし、お尻を見てビックリ!メス!どう見てもメス!
あー…、顔で性別を見分けるのは絶対じゃない…ブログに書いちゃったけど、顔で性別を見分けるのはあくまで目安だなぁと思い知りました。
我が家に来てるキジトラ柄のオス(上)となんとも言えない柄のメス(下)。メスちゃんの鼻は欧米人のように鼻の根元から高く立派。
続きを読む 0 コメント

アンデルセン公園

次の展示に向けて、千葉にあるアンデルセン公園という所へ行きました。
ちょうど絵画教室の人達と思われる方々が噴水広場で写生をしていました。噴水の周りの花壇の花が満開で、天気も良く暖かく(暑いくらい)写生日和という感じ。あとは、親子連れが多くアスレチック等の遊具や水遊び場が充実していました。
子ども向けの公園にしては、設置してある人型の銅像の顔がセンシティブというか哀しみをたたえていて何でだ?と思いましたが、そうここはアンデルセンの公園。人魚姫やマッチ売りの少女だもの、銅像の顔も複雑になるわそらと思いました。
昔、小学校で子どもに「自分はいらない子なんじゃないかと思った事ある?」と聞く事があったのですが、3分の2近くの子が手を上げました。そんなに居るのかと驚きました。ノリで上げた子何人かいるんじゃないの?!とも思いましたが。
その事を思うと、子どもの気持ちに寄り添うには明るいだけじゃない銅像も必要ってことかーと思ったりしました。
続きを読む 0 コメント

この人が好き

グランマ・モーゼス、モード・ルイス、丸木スマ、この人たちの絵がとても好きです。この人たちの絵に囲まれて生活したら幸せと元気が毎日もらえそうだと思いました。
セラフィーヌ・ルイの絵はちょっと緊張感があるので、応接間(無いけど)かな。
0 コメント

まんが

0 コメント

まんが

0 コメント

ホーミー

絵を描きながらホーミーの練習(全然できない)
出来たら何かと便利な気がします。

https://m.youtube.com/watch?v=HP0iotICL7k



でも結局、ホーミーに集中しだすと手が止まるので描きながらは難しい。気付いたらホーミーだけ1時間やっていました。
続きを読む 0 コメント

猫の顔と性別

ところで、生き物には見た目に男女差がありますが同じように猫にもあります。
今日は、顔の違いを見ていこうと思います。
①鼻筋・・・オスは鼻筋が太い、メスは細い
②頰・・・オスは頰が厚い、メスは薄い
絵にするとこんな感じです。
続きを読む 1 コメント

陸王

家に十万石まんじゅうがありましたので、ドラマの陸王が浮かびました。
まさか行田を舞台にドラマがはじまるなんて、しかも人気が出るなんて思いもしなかったです。足袋蔵が日本遺産になったからなのか。埼玉で1番消えそうな市は行田市と小耳に挟んだことがあったのでこれで延命するんじゃ…?と思ったり。陸王でよく撮影に使われていた水上公園付近にホテルも建設中ですし。そう期待をいだけるのもドラマを作った方々のお陰だなぁと思います。最終回も面白かったです。豊橋国際マラソンのあるシーンは行田の坂道を走ってました。ありゃ125号だなと。他にも知っている所がたくさん出ていて楽しませていただきました。水上公園があんな綺麗だったなんて知らなかったです。行田市駅をテレビで見るのは華原朋美が桃の天然水飲んでヒューヒューと言っていた以来じゃなかろうかとか。
寺尾聡のルビーの指輪でも聞こうかなとか、あそこに寺尾聡と緑子さんがいたのかぁっ!とか。
祖母は若い頃、足袋屋でミシン踏んでいたので、祖母も楽しく観れたのではないでしょうか。行田は基本のほほんとした土地柄ですが、ドラマではピンとした緊張感があり最初から最後までとても楽しかったです。

0 コメント

手のひらサイズ猫
手のひらサイズ猫
来年の2月に行われる動物の絵の展覧会に参加する事になったので、最近は猫を描いてます。家でも猫を飼っていますが、描こうと思うと縁ができるもので色々な猫に出会う機会が増えました。これは小さいサイズの油絵です。

※2月の動物の絵の展示は中止になりました。次の展示に出品します。
0 コメント

この世界の片隅に

とても良い映画でした。映画館で見なかったのが悔やまれます。何度も観たい映画。日本語字幕設定でみるとまた方言の意味が分かったりして良かったです。漫画も買って読もうと思います。
戦争を体験した事がないのに、すごくリアルに感じました。そして共感するというか。そうだよなそうやって生きていくんだよなと思えてくる。
涙は出ても不思議と辛くない。包まれるような映画でした。


コトリンゴさんが歌う「悲しくてやりきれない」は過去にザ・フォーククルセダーズが歌ってたのを聞いたことがあります。イムジン河も悲しくてやりきれないも暗い歌なのに、微笑みながら歌ってそうな声なのが面白くて好きだなーと思っていました。この映画で聴けて何か嬉しいです。
それにしても、コトリンゴさんの歌声良い。この映画にはこの歌声しかないというピッタリ感。どの歌も映画にピッタリでした。
0 コメント

個展 岩井綾女絵画展

個展が始まりました。
展示前の日曜日に埼玉新聞の「美術家が描くmyエコバッグ」というコーナーに載りました。
直筆の絵を描いたエコバッグを読者さまに抽選でプレゼントという企画です。
私はシロツメクサを描きました。アイロンをかけて当選した方に送りたいと思います。
続きを読む 0 コメント

取材で埼玉新聞さんに行きました。埼玉新聞さんの「美術家が描くMyエコバッグ」という連載に登場することになりまして、その取材です。十数人まとめて取材してもらったので、賑やかな取材になりました。エコバッグは抽選で読者様にプレゼントというかたちです。私は9月頃掲載予定です。載ったらここでもご紹介したいと思います。