16日 5月 2018
無事に手術も終わり、家では食欲旺盛で元気もありなにより。それにしても、よい猫です。最初見た時は正直ゴミのような柄だと思った毛色も、今では味わい深い柄だと心から思います。雄並みの体格とライオンのような顔。優雅な雰囲気をまとっています。もしかして、海外の血統書付きの種とのミックスなんじゃないかと勝手に思って、ミドルネームをつけてみました。サンドラ。 チャーたん=サンドラ=岩井。 お腹は手術のため綺麗に剃られピンクの肌がみえています。
15日 5月 2018
ひまわりを描くので、5、6月にひまわりが咲いていないか探したら、地元の熊谷にありました。...
09日 5月 2018
30日 4月 2018
オスと間違えたこちらのメス猫ちゃん非常に懐いているのですが、家猫が2匹いてこれ以上は飼えない。猫は好きだけど、赤ちゃんまでは大変なこっちゃ…。でも、厳しい野良世界に生きるこの子が来る限りはご飯はあげ続けられたら…。ということで、避妊手術だけしようという事になりました。キャッチアンドリリース。...
30日 4月 2018
最近立て続けに2匹の野良猫が我が家を窓の外から覗いている出来事がありました。1匹はオス。オスらしい顔で声も低くドラ声、お尻も確認しオスと確定。家猫が食べないフードをあげてから毎日来るようになりました。そして、もう1匹も体長がある大きな体、立派な鼻、低いドラ声、この子もオスだろうなと思っていました。しかし、お尻を見てビックリ!メス!どう見てもメス! あー…、顔で性別を見分けるのは絶対じゃない…ブログに書いちゃったけど、顔で性別を見分けるのはあくまで目安だなぁと思い知りました。 我が家に来てるキジトラ柄のオス(上)となんとも言えない柄のメス(下)。メスちゃんの鼻は欧米人のように鼻の根元から高く立派。
20日 4月 2018
次の展示に向けて、千葉にあるアンデルセン公園という所へ行きました。 ちょうど絵画教室の人達と思われる方々が噴水広場で写生をしていました。噴水の周りの花壇の花が満開で、天気も良く暖かく(暑いくらい)写生日和という感じ。あとは、親子連れが多くアスレチック等の遊具や水遊び場が充実していました。...
22日 3月 2018
グランマ・モーゼス、モード・ルイス、丸木スマ、この人たちの絵がとても好きです。この人たちの絵に囲まれて生活したら幸せと元気が毎日もらえそうだと思いました。 セラフィーヌ・ルイの絵はちょっと緊張感があるので、応接間(無いけど)かな。
22日 2月 2018
21日 2月 2018
17日 2月 2018
絵を描きながらホーミーの練習(全然できない) 出来たら何かと便利な気がします。 https://m.youtube.com/watch?v=HP0iotICL7k でも結局、ホーミーに集中しだすと手が止まるので描きながらは難しい。気付いたらホーミーだけ1時間やっていました。

さらに表示する